かなしいお知らせと、これからのこと

とてもとてもかなしいお知らせがあります。
すごく長くなりますので、お時間のある際に読んでくださいませ。


前回の記事にも登場していて、
本当についこないだまで元気だった店長の愛鳥スピカが、星になりました。

20140224b
▲つい最近までほんとうに元気いっぱいでした

*

2/20(木)の朝、いつものようにおはようの挨拶をしに行くと、
目を閉じてぶっくりふくれてキツそうにしていました。

あわててカゴの中に手を差し入れると、
フラフラしながら手に乗ってくるスピカ。

手の中が大好きで、いつも握っているので、
カラダに力が入っていないのがわかりました。

急いで病院に行き、レントゲンも撮ってもらったのですが、
加齢による衰えと先天性の基礎疾患もあり、

「入院しても保温室で点滴するしか方法がなく、
老齢の小鳥なのでいつ亡くなってしまうかもわかりません。
入院させるか、おウチに連れて帰って保温しながらお薬をあげるか、
どちらか飼い主さんのいいほうをお選びください」


とお医者さんに言われました。

一瞬どうしようか考え、頭がぐるぐるしました。
その時、お医者さんの手元にいたスピカが、
ヨロヨロしながら必死にこちらへ飛びついてこようとしていました。

なんだか「一緒におウチに帰りたい」と訴えているように思えて、
病院に入院させておくことができず、お薬をもらって連れて帰りました。
(この判断が良かったか悪かったかは、今もわかりません)


連れて帰って、保温対策を施した小さなカゴに入れようとしたのですが、
手から降りたがらず、必死に手の中にしがみつこうとするスピカ。

もう回復するまでずっと手の中で見ていてあげようと覚悟を決め、
保温カゴに手を突っ込んだままお水とお薬をあげ、パウダーフードを流し込み…

一晩とすこしがんばって、翌2/21(金)のお昼前に息を引き取りました。
キツかっただろうけど、ありがとうとお別れを言う時間をたっぷりくれた後、
大好きな手の中で、静かに逝きました。
享年9歳、あと1ヶ月くらいで10歳の長生き文鳥でした。

20140224a
▲自慢の羽毛は最期まで、埋葬するときもふかふかでした

*

tricotricot(とりことりこ)というお店を始めるキッカケになったのがスピカで、
もうすぐ10歳なのに元気!ということでたくさんサイトに登場している以上、
お客さまには早くお知らせせねばと思ったのですが…

自分のお店のサイトも見られないくらい泣いてばっかりで、
お知らせするのが今日になってしまったことをお詫びいたします。
ごめんなさい。

*

そして、これからのこと。

店長の愛鳥はいなくなってしまいましたが、
お店のスタッフの愛鳥くんたちもいますし、
何よりお客さまの愛鳥くんたちがたくさんいます。

愛鳥くんの名前を教えてくださったお客さまもいらっしゃって、
なんだか甥っ子、姪っ子がたくさんいる気分です。

せっかくスピカがつなげてくれたご縁。

当店のえさを必要としてくれるお客さまと、
当店のえさを美味しく食べてくれる愛鳥くんたちがいる限り、
これからも高品質のえさと、まだ企画途中の鳥用品、
これもまた企画途中の愛鳥家さん向けの鳥グッズを、
精一杯つくり続けていきたいと思います。


まだまだ悲しみから抜けきれていませんが、
ふとした拍子に思い出して泣いたりしながら、
ぼちぼちがんばっていきます。

今後とも、tricotricot(とりことりこ)をよろしくお願いいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

6 thoughts on “かなしいお知らせと、これからのこと

  1. 愛する動物を亡くすときは、本当に悲しいですよね。

    私も、実は飼ってから間もないセキセイインコのピッピを昨年10月に亡くしました。悲しくて、そちらで買ったばかりのエサはそのまま冷蔵庫の中で今も眠っています。ピッピを飼うことをきっかけに、「とりことりこ」を知りました。

    私は忙しいのを言い訳に、具合が悪そうなピッピを1週間もお医者さんに連れて行かず、そのままにしていて、そろそろ連れて行こう…と思っていた朝に亡くなったので、すごく心残りです。スピカちゃんは、店長さんの手の中で亡くなられたそうで、最高の最期だったのではないでしょうか。どんなに手を尽くしても後悔は残りますが。

    ピッピはお隣の家から厄介払いされて、突然家にやってきた子で、まだ1歳ぐらいで若いのに、お医者さんに見せることもなく死んでしまって、本当にかわいそうな子でした。

    そんなピッピでも、小学生の息子には天国に昇って行く魂?を見せてくれたし、霊を見る能力のない私には、ふと見上げた空に昇って行く小さな青い風船となって見せてくれました(と信じています)。

    スピカちゃんは、店長さんに可愛がってもらって、本当に感謝していると思います。
    スピカちゃんの冥福をお祈りいたします。

    • >高山さま

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通り、どんなに手を尽くしても後悔は残るものですね。
      自分もたまたまスピカががんばってくれたから手の中で送り出してあげられただけで、ひょっとしたら朝起きた時に落鳥してたかもしれないし、また、入院させていればまだスピカは生きていたのかもしれません。

      お隣の家から厄介払いされてきたピッピちゃん。
      高山さまがお迎えしてあげたことで、どれだけ安らぎを得ることができたかと思うと、ピッピちゃんも幸せだったと思います。

      忘れなければまたいつか会える…という説もあるそうで。お互いまたどこかでピッピちゃんやスピカと会えたらいいですね。

      ピッピちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

  2. スピカさんのご冥福をお祈り申し上げます。
    最後の最後まで一緒にいられてスピカさんも絶対幸せだったと思います。
    先に逝ってしまうものを見送るのは残されるものにはとても辛く耐え難いですね。
    私にも、明日がわからない子がいて、訃報を知り自分に置き換えてしまいます。
    看取ることも一緒に暮らし始めた時からの責任とはわかっているのですが・・・
    どんな言葉も慰めにはならないでしょうけど、
    どうか店長さんの心が壊れませんように。

    • >いんこもにゃんこもわんこも一緒さま

      コメントありがとうございます。

      自分は数年前に実家のわんこも看取りました。見送るのは本当に辛いことですが、最期を大好きな家族と一緒に過ごさせてあげることができたと思うと、すこし心が慰められます。

      明日がわからない子がいらっしゃるとのことで、きっとお辛いと思いますが、できる限り笑顔で声をかけて接してあげてください。意外と持ち直して元気になっちゃうかもですよ。

      いただく言葉のひとつひとつがすごく大きな慰めになっています。
      本当にありがとうございます。

  3. モッフリ美文鳥のスピカくんの突然の訃報にお悔やみ申し上げます。
    しかし長患いすることもなく、だーいすきな人の手の中で旅立ったのは
    手乗り文としてたいへん幸せな一生だったのではないかと思います。
    いままで可愛い姿をありがとう。

    店長さんもお寂しいことと思いますがどうぞ楽しい時間思い出をいつまでも
    大事になさってください。

    • >ひぐちさま

      コメントありがとうございます。

      もっふり美文鳥…スピカも喜ぶと思います。
      おっしゃる通り、直前まで元気で(隠してたのかもしれませんが)いて、
      最期はみっちり手の中で過ごしたので、「あー楽しかった」と思って旅立ってくれてたらうれしいんですが。

      笑顔で思い出すにはまだちょっと時間が必要ですが、
      お店のお客さまやつながりのある方たちの愛鳥くんを
      甥っ子、姪っ子だと思ってがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)