真空パックについて

こんにちは。
最近ちょっと出番の多い店長です。

今日はお客さまからお問い合わせが多い
「真空パック」についてまとめてみました。



【前提として】

脱穀して精米して保存しているお米でも、
密封でない米袋の状態で1年以上保管されてふつうに食べられます。


当店のえさは

・脱穀してない殻付きの状態で
  ↓
・脱酸素剤(エージレス)を同封し
  ↓
・さらに密封して
  ↓
・真空パックにしてお届け


という状態なため、鮮度としてはかなりいいと思います。

「真空がゆるんでいるけど大丈夫ですか?」というお問い合わせをいただくのですが、
結論を言うと、少し空気が入った程度であれば鮮度的には問題ございません。
ただし、配送中の衝撃等でパックが破れて梱包袋の中にこぼれているような場合は
完全に配送事故ですのですぐにご連絡ください。

以下に詳しくまとめてみました。



【真空パックしたばかりの状態】

真空パックしたて

真空パックしたばかりの時は空気が抜けてガッチガチで中身は動きません。
まるで鈍器のような固さですが、武器として使わないでくださいね(笑)

このくらいの固さをずっとキープしたままのこともあるのですが、



【真空がゆるんでいる(すこし空気が入ってる)状態】

すこし空気が入った状態

こぼれたりはしませんが、少し空気が入って中身が動く状態。
真空がゆるむ原因はいくつか考えられますが、
ほとんどがシール部分(中身を入れて圧着したところ)の隙間だと思われます。

点線がシール部分

透明なのでわかりにくいですが、点線がシール部分。
圧着時ここに小さな雑穀のカスなどがはさまってしまったりすることによって
時間が経つと少しずつ空気が入ってしまうこともあるようです。

最初に申し上げましたとおり、
殻付き雑穀で脱酸素剤(エージレス)も同封しているので
この状態でも鮮度には問題ございません。

しかし↓↓



【パックが破れている状態】

パックが破れて中身がこぼれている状態

このようにパックが破れて中身がこぼれていたら、
鮮度以前に配送事故ですのですぐにご連絡くださいませ。
配送会社に連絡した上で、すぐに代替品をご用意いたします。


*

発送する際にはパックをエアパッキンでくるんだ上で
丈夫に梱包してお送りするのですが、まれにこのようなことが起こります。

事故があったお届け地域の配送会社の営業所にもお声かけするほか、
わたしたちもより安全にご注文の品をお届けできるよう努めてまいりますので、
よろしくお願いいたします。




↓愛鳥さんのかわいいお写真、お待ちしております!↓
愛鳥自慢


↓愛鳥さんに食べてもらいたい、美味しいごはんはこちらから↓
lbb-blends


もしもの時に愛鳥さんを手助けするレスキュープロジェクト
↓BirdLifeLine(バードライフライン)のページはこちらから↓
lb-bll




ブログランキング・にほんブログ村へ
▲今日は真面目な記事だったなぁ…ってことでポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)