愛鳥がリラックスしているときの熱で暖をとる

だいたいタイトルで話してしまったも同然ですが
さいごまで読んでいただけますと幸いです(笑)

ここ数日の大寒波。暑がりの私もザワザワしだす寒さでした。
そんな時に重宝するのがこちら!


桜文鳥のポカポカ

鳥さんに手の上でリラックスしてもらって、暖をとるぅぅぅ

白文鳥のポカポカ
コザクラインコのポカポカ


いやぁ、あったかい。
※何回もやってると、鳥たちに鬱陶しがられるのがたまにきず(泣)
お腹を床につけてほかほかしてるの
かわいいなー、愛くるしいなー
と思っていたら、こんなものを引き当てました。

ハシビロコウのポカポカ?

ハシビロコウのモフモフガチャ!!
立ってるやつとか羽ばたいてるやつとか
8種類も種類があるのにあえてのモフモフ。
運命を感じました(笑)

鳥さんが手の上でリラックスしてると
あったかいだけじゃなくて可愛い!
体も心も暖めてもらった気分です。

モフモフしてるのはかわいいですが、
中には寒すぎたり具合が悪くて膨れていることもあるので
しっかり様子は見てあげましょうね^^



↓愛鳥さんに食べてもらいたい、美味しいごはんはこちらから↓
lbb-blends


もしもの時に愛鳥さんを手助けするレスキュープロジェクト
↓BirdLifeLine(バードライフライン)のページはこちらから↓
lb-bll




ブログランキング・にほんブログ村へ
▲早く暖かくなっておくれ…ということで、ポチッをいただけるというれしいです^^

6 thoughts on “愛鳥がリラックスしているときの熱で暖をとる

  1. うわー、うらやましいですー(^^)さわれたり、なでれたりにぎれたりするのって、やっぱり、癒され度倍増ですよねー。

    うちの文鳥ピカは、

    ぜんぜんさわれないので、

    暖かい温もりも、感じれず、寂しいです。

    はぁー、うらやましいわー( ^∀^)

    • >れみれみさま
      こんにちは!
      鳥さんがホカホカもふもふしている姿は可愛いですねー。
      我が家のピノは、年取ってから触れるようになったので、
      ピカくんも年取ったら変わってくるかもですよ〜^^

      • 一つ、ご意見を伺ってもいいですか?
        握れない、触れない文鳥に対して、さっと捕獲して、
        頭やほっぺをなでなでして、それを時々繰り返していたら、

        撫でられる事の気持ちよさがだんだんわかってきて、
        自分から頭を差し出してくるようになる、

        なんてこと、あるんでしょうか?

        一度さっと捕獲できたので、
        頭やほっぺをなでなでしたのですが、

        「なにするんだよ、離せよ、」って感じで、
        手から抜け出そうとして終わりでした。

        • 返信が遅くなってすみません!

          もちろん、慣れて撫でられることが好きになることもあると思います。

          ただ、普段から手を警戒したり苦手だと思っている子だと
          手 = 捕まえられる = 怖い
          とさらに嫌がってしまう可能性もあるかなーと思います。

          鳥さんによって、撫でられるのが好きな子とそうでない子が
          いると思うので、我が家で保定するときには
          嫌そうにしていたらできるだけすぐ放して「頑張ったねー」と褒めながら
          ご褒美のシードをあげたりしています。

          本来、鳥さんにとって自分の体より大きな手は怖いものだと思うので
          できるだけ手に対して安心できる良いイメージを与えて
          警戒心を解いてあげられると良いのかなと思います。

          手にのったら好物のごはんが食べられる
          とか
          手にのったらあったかくてくつろげた
          とか・・・

          しかし、何が好きなことなのか嫌なことなのかは
          鳥さんが決めることなので、一概には言えないのが難しいところですよね;

          年を取って落ち着いてきた桜文鳥のピノでも
          私の触り方が気に入らなかったり
          気分じゃないときは、
          「なにするんだよ、離せよ、」
          と怒られて抜け出されてしまいます(笑)

          愛鳥さんの様子を観察しながら、
          ちょっとずつ距離を近づけていけたらいいかなー。
          と最近では思っています。

          • そうなんでふね。参考にさせていただきます。

            うちは、今のところ、二羽目を飼えないのでピカしかいないのですが、

            そのたった一羽の子がぜんぜん触らせてもくれないことが、淋しいですねー。

            観賞用の小鳥ならそれでいいのですが、

            雛から育てて、にぎったりなでたりできる事を楽しみにしていたのに、残念で、仕方がありません。

            なでなでされてくれる子がほしくて仕方がありません。

            ピカは、性格的にこれ以上なつかない気がします。

            残念ですが、この子と縁があったのですから、最後まで責任もってお世話をしますが、

            残念です。

          • >れみれみさん
            こんばんは!

            私も初めはピノしか飼ってなくて、なかなか懐いてくれなかったときは淋しかったです。
            一時期は懐いてくれることに執着しすぎて、無理に触ろうとしたりして
            余計にピノとの距離ができてしまったことがありました;
            その時は、知人から「構いすぎじゃないの?」とアドバイスをもらったので
            少し距離を置くというか、最低限のお世話・声かけをしながら構いすぎないようにしました。

            その時の状況を受け入れてお世話するようになってから、
            自分自身が楽になったのと、ピノもビクビクすることが減って、
            少しずつですが自分から寄ってきてくれるようになりました。
            (それでも他のベタ慣れ文鳥さんを見て、うらやましいなーと思うことはありますけどね^^)
            執着しすぎて、ピノからしたら私の雰囲気とかも怖かったのかもなー。と反省しました;

            ピカくんは確か2歳でしたよね?
            活発なお年頃だと思うので、まだまだわかりませんよ〜^^
            しかも、手のひら以外には乗ってきたり、くつろいでくれるようですので
            昔のピノよりも懐いているような気がしますよー。

            ちょっと話はそれますが、Birds’ Grooming Shopさんはご存知でしょうか?
            横浜小鳥の病院に併設されているショップさんなのですが、
            愛鳥さんとの生活のためのセミナーや相談も行われているようです。
            鳥さんの個性がさまざまなように、飼い主さんの状況もさまざまだと思うので
            専門家さんに相談してみるのもいいかもです^^
            サイト上にもいろいろ情報が載っているので、
            もしまだご存知なければ一度見てみてくださいね^^
            http://www.birdsgrooming-shop.jp/

            れみれみさんが、楽しみにしていたこととのギャップをうまく消化できるといいなと思います。
            そして、ピカくんと楽しく過ごせますように☆
            長くなってしまってすみません;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)