雑穀の産地レポ2017年7月

こんにちは、そうめんが美味しい季節になりましたね。
暑さでバテ気味、そうめんが主食になりつつある店長です。

今月も雑穀の産地を見に行ってきたので、
詳しくレポートしたいと思います。

*

まずは有機JAS圃場の「あわ」・「ひえ」・「きび」から。

あわ・ひえ・きび播種/定植完了!!

あわ・ひえ・きびすべて、無事に播種/定植が終わっていました。

あわときびは畑でつくるのですが、
ひえはお米と同じように水田でつくるんです。

まだ芽も小さくてよくわかりませんが、
元気に育っているようで安心しました。

そうそう、畑に蒔いたあわとひえですが、

あわ・ひえは網でガード

ご覧の通り、網でがっちりガードされていました。
全体を網で覆っている理由は、ずばり野鳥に食べられないため。

蒔いてしばらくは地中の種がまだ食べ頃で美味しいため、
芽が出てある程度大きくなるまでは、ガードしないと
芽ごと引っこ抜いて食べてしまうそう。
野鳥ってグルメですね、ほんと(笑)

*

さてさて、次はわたしがいちばん気になっていた
(そしてみなさまも気になっているであろう)
カナリアシード!ドキドキしながら見に行くと…

カナリアシード、無念の全滅

かかか、枯れとるー!!


3月蒔き、4月蒔き、5月蒔き、6月蒔き、
すべて全滅しておりました。しょんぼり。

それでも3月蒔き・4月蒔きには穂がついていたのですが…

穂はつくも実は入っておらず!

穂はついてても実は入っていませんでした。
う〜ん…やっぱり難しい。

もともとわりと気温の低い地域でとれるようなので、
九州の春夏は暑すぎたのかもしれません。
とはいえ、一番寒い時期は気温もマイナス10度近くになり霜も降りるので、

・秋蒔きで冬の初め(極寒期前に)収穫
・冬の終わり(極寒期後)蒔きで春先暑くなる前に収穫


で次はやってみようということになりました。
まだまだ諦めずにがんばります。

*

次の産地視察は秋予定。
すべての穀物が無事に育ちますように。。




↓愛鳥さんのかわいいお写真、お待ちしております!↓
愛鳥自慢


↓愛鳥さんに食べてもらいたい、美味しいごはんはこちらから↓
lbb-blends


もしもの時に愛鳥さんを手助けするレスキュープロジェクト
↓BirdLifeLine(バードライフライン)のページはこちらから↓
lb-bll




ブログランキング・にほんブログ村へ
▲カナリアシードぉぉぉ!!ってことでポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)